2011年12月20日火曜日

Immortals


2週間ぶりのブログだ。
そして今回感想書く映画インモータルズを観たのはもっと前。
書き残したノートを元に感想を書きますよ。
どんな映画かは下記の公式サイトやwikipediaを参照してください。

インモータルズ 公式サイト
インモータルズ wikipedia

なんか古代ギリシア神話のお話ですよ。
どこがおもしろかったんだっけなあ。
感想メモによると、

・3D初の金タマクラッシュ
・ハンマー頭砕き皆殺し3D
・ゼウスの炎のムチ超強い
・3D映画初?のセックスシーン

とか書いています。
とにかく300的な楽しみ方が出来るかどうかがこの映画の賛否をわけているんだろうな。
そう、思い題した。
この映画を観てからそんなに経ってないくらいのときにYahoo!の映画レビューを見たら「神話なのに残酷描写が多い」というネガティブコメントが多くて、そう人は神話モノに何を期待しているのかからして俺と全然違う感覚を持っている人と言っていいと思うけど、この映画は3Dで脳みそとか血しぶきが飛び散るのが魅力じゃないですか。
なんか不思議な気持ちになったよ。
ホラーなのに怖いのは良くないという感想文を書いているようなものじゃないですか。
まあいいんだけどさ。

ただものすごく盛り上がった感じでもなかったと思う。
一番盛り上げなきゃいけないのは、最後のテセウス側の軍とハイペリオン側の軍が狭い通路で激突するシーンのはずなのに、そこの描写がなんか弱かったんだよな。
かといってそのあとの神々対タイタンの戦いも別にそんなでもないんだよな。
この映画の神は人間には全くとらえられないスピードとパワーで攻撃してくるんだけど、このシーンは普通のスピードなんだよな。
だからメモ書きに残しているように、人間の敵が神のスーパーパワー&スピードで粉々にされるシーンの方がよっぽどすごく思えるんだよ。
タイタンが封印されていたのは神々にとっても脅威だからなんだから、もっともっと強烈な戦いに描いて欲しかったな。

とまあすごい前に観た映画のわりには結構覚えていましたよと。
話の筋がどうのこうのの映画ではないので、3Dでスクリーンで観るのが前提、つまりDVDが出て家で観ても多分ちっとも面白くないと思います。
でも嘘食いに出てくる空っぽの牛の像で人が焼かれるシーンは観てもいいかも。
嘘食い読んでるなら観てもいいと思います!

0 件のコメント:

コメントを投稿