2012年2月25日土曜日

聯合艦隊司令長官 山本五十六


手抜き感想第六弾は聯合艦隊司令長官 山本五十六。
この映画で2011年劇場公開映画100本鑑賞を達成しました。
そんな感じでどんな映画かは下記の公式サイトやwikipediaを参照してください。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 公式サイト
聯合艦隊司令長官 山本五十六 wikipedia

どんな映画だったかな。
一番覚えているのは水まんじゅうがたまらなく美味くなさそうってことかな。
全く食べたいと思わなかったし、役所広司が「うんめぇ~」て食べてたけど全く興味が湧かなかったな。
映画より覚えているのは映画に指示するおじさんがいたことかな。
新聞社で記者たちが会議しているときに「コーヒーを置いてあるところに紙をおくんじゃない!」とか戦闘シーンの際に「もっと上空を飛ばないとダメだ!」とか大声で指示するんだ。
まあ百歩譲って後者の気持ちはわからないではないけど、会議の仕方に対して指示するのは新しいというか、なんなんだと思った。
史実、及び事実に沿っているかどうかは正直そんなに明るくないのであんまり意見する気は起きないんだけど、最後飛行機落ちる時あまりにもムーンとしすぎじゃねえかとは思った。
演出の問題だけどね。

まあそんあ感じの映画なのでよっぽどのことがない限り観る必要はないですよ。
チャンチャン。

0 件のコメント:

コメントを投稿