2012年2月25日土曜日

Incendies(灼熱の魂)


手抜き感想第五弾は灼熱の魂。
どんな映画かは下記公式サイトとwikipediaを参照してください。

灼熱の魂 公式サイト
灼熱の魂 wikipedia

とんでもない映画だった。
まあ正直言うと途中一回寝オチしてしまったんだけど。
全然寝てなかったし二日酔いだから仕方がない。
うん、仕方がない。
説明するのがもうなんていうか、観た方が早いよ。
全部が全部、そんな。。って感じだよ。
こんなことあっていいのか…。
必ず打ちのめされることだろう。
なんていうか、なんていうか、って感じになる。
土日恋人や夫婦で観るべき作品とは言えないけど、必ず喰らってしまってしばらく「うわーっうわーっ」ってなる。
ただそれでも俺は全てを赦すことが出来るだろうか。
そんな感じで深いダメージを喰らう映画でした。

カナダの映画だけどケベック州ってとこはフランス語らしくてフランス語の映画です。
まあそんなに必要な情報じゃないですね。
なんとなく思い出したので書いてみました。
衝撃を受けたい、そんなときに思い出して観てみるといいと思いますよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿