2012年3月29日木曜日

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜


こないだの土曜日に観てきた麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜という映画の感想。
どんな映画かは公式サイトやwikipediaを参照してください。

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 公式サイト
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 wikipedia

原作読んでなくて、ドラマシリーズも観ていない感じで観に行きました。
東野圭吾原作の映画はこれまでに何本か観たことがあるんだけど、今作もそれまでの作品と同様に面白げな要素をちりばめてはいるものの、あんまり面白くないといった感じでした。
結局水天宮が水難にも利くのはいいんだけど、それと七福神巡って千羽鶴ならぬ百羽の鶴を供えることと全くつながらないし、百羽て何回も言っているけど全然百羽じゃないし、沈んだのどう見ても1分未満なのに何故か脳に障害を残しているし、腰高くらいのコンベアから落ちただけで足に障害が残るし、そもそも安全装置が作動していようがいまいが普通に引っ掛けて転んだようにしか見えないし、いきなり出てくる劇団ひとり怪し過ぎるし、いくらお金がなくてちゃぶ台すら手作りだとしてもあんな中途半端な材料集めて自作するくらいなら普通に廃品のテーブル探してきた方が早いし、就活はいいけど家賃払えないのにバイトしない意味もわかんないし、まあそれらしい要素は入れようとしているんだけど、それだけで全然ちゃんと出来ていないので全然乗れないんだよね。
すげえつまんない、とは思わないんだけど、面白いとは全く思わない。
だいたい麒麟の翼、無理繰りすぎるんだよ。
全然うまくない。
なんかちょっと器用な門外漢がやった中途半端な仕事って感じがして仕方ない。
あと三回忌のくだりも全く要らなかったと思います。

別にこれといって書くこともない感じです。
観るなとは言わないけど、観ても何にもなりません。
ちょっとイライラするくらいの感じです。
文句言うのもちょうど面倒くさい感じでもあるので、今日は手抜きでこのくらいです。
翼はキャプテンだけで十分。

0 件のコメント:

コメントを投稿